トップ > 家具のお手入れについて

家具のお手入れについて

  • 木部

    ウレタン仕上げ

    柔らかい布で乾拭きをします。化学ぞうきんなどは使用しないでください。
    汚れのひどい時は中性洗剤を3〜5%に薄めたぬるま湯に浸した柔らかい布をよく絞り、汚れを拭き取ってください。その後、よく水拭きをしてから、柔らかい布で乾拭きをして自然乾燥させてください。

    オイル仕上げ

    日常のお手入れはウレタン仕上げと同じになります。
    専用のメンテナンスキットを使うことで、小さなキズや汚れなどは簡単に補修でき、使い込むほどにでる味わいをお楽しみいただけます。

    • 汚れた部分を添付のサンドペーパー (#240) で軽くこするように削ってください。サンドペーパーは、必ず木目に対して平行にかけてください。汚れた部分だけでなく、やや広めに作業を行います。
      ※サンドペーパーは、木目にそってかけてください。
    • 汚れが落ちたら、削って出た粉を落としてください。
    • 塗料の容器をよく振って中身を混ぜてください。15p〜20p程度の布に塗料を染み込ませ、塗布面に軽くスリ込んでください。(※布は、使い古したTシャツやハンカチ等が好ましいでしょう。)
    • 塗料は、均一な仕上がりになるように薄く塗ってください。場合によっては、2〜3回塗り重ねます。1回の塗装後、約12時間以上経過したら次の作業を行ってください。(※塗りすぎてしまった場合、乾いた布ですぐに拭き取れば薄くなります。)
    • 塗装終了後、24 時間経過してから通常の使用をお願いします。
  • ファブリック

    日常のお手入れは掃除機で織り目や隙間に入ったほこりを吸い取ってください。
    汚れたときは中性洗剤を3〜5%に薄めたぬるま湯に浸した柔らかい布を軽く絞り、表面をたたくようにして拭き取ってください。その後、水拭きをしてから自然乾燥させてください。カバーリング対象商品はカバーの洗濯表示ラベルに従ってクリーニングしてください。(縮みや色落ち、素材感が変る恐れがあります。)

  • 皮革

    柔らかい布で乾拭きをします。化学ぞうきんなどは使用しないでください。
    汚れた場合は、家具専用レザークリーナーで磨きます。(クリーナーは直接革に吹きつけずに、柔らかい布につけてください)汚れのひどい時は中性洗剤を3〜5%に薄めたぬるま湯に浸した柔らかい布をよく絞り、汚れを拭き取ってください。
    その後、よく水拭きをしてから、柔らかい布で乾拭きをして自然乾燥させた後に、レザークリーナーで磨いて下さい。