トップ > STORIES 一覧 > マルニ木工について

2019/01/24

マルニ木工について

経営方針説明会

マルニ木工では、毎年1月に全拠点の全社員が集まる『経営方針説明会』というものがあります。その年の指針や目標等を社長自らが説明し、また各部署の代表者が前年度の活動報告をします。タイトルと内容を聞くと、少々眠くなる様なイメージもありますが、そんな事はありません。普段、全ての部署がどの様な活動や職場改善を行なっているか見えませんので、他部署を知る良い機会です。発表者によって様々に工夫された内容はとても聞き応えがあります。

マルニ木工公式ウェブサイトはこちらです。

この経営方針説明会の司会は、前年度に入社した新入社員の子達が担ってくれます。四月に入社し、まだ入社して一年経っていない彼らが初めて自分達だけで考えて行動し、新年の会を運営します。この初々しい掛け声を聞くたびに、今年もまた初心に返り頑張ろうというと気が引き締まります。
勤続年数表彰も行われます。10周年、20周年のみならず40周年受賞者が毎年数名います。昨年90周年を迎えた私たちの会社ですが、こういった40周年を超える方々が多数いるからこそ木工の技術がきちんと受け継がれているんだな、と感じる瞬間です。

また毎年恒例となっている全体集合写真は、社内屈指のカメラマン(常務取締役の一人!)が撮影します。こちらはシャッターの掛け声がいつだったかわからないタイミングでシャッターを切られ、いつもみんな失笑なのですが、それでも出来上がる写真はみんな笑顔なので、流石だなぁと思わされます。

2日目は工場見学が用意されています。普段から工場に入るのは工場勤務の社員達です。もちろん出入り禁止というわけではありませんが、バックオフィスや営業部の社員はこのタイミングにまとめて工場に入ります。何度参加しても新しい発見のある工場です。この魅力ある工場で生産される魅力ある製品を世の中に発信していくために、しっかり時間を掛けて見て学びます。

これがマルニ木工の新年の恒例行事です。今年も初々しい掛け声とともにマルニ木工の一年がスタートしました。

今後もメルマガを通じ、マルニ木工という企業についてもまたお話しさせて頂きたいと思いますので、お楽しみに。

マルニ木工公式オンラインショップはこちらです。

STORIESはメールマガジンでも配信しております。

メールマガジン登録はこちらから