トップ > コラム 一覧 > HIROSHIMAアームチェアに合う理想のテーブル

HIROSHIMA アームチェア × Roundish ダイニングテーブル

丸みが特徴のRoundishシリーズのテーブル。天板の縁は内側への削られており薄く見えます。 そのためまるで天板が宙に浮いているように見え、大きなサイズになっても軽やかな印象です。

【Roundish ダイニングテーブル 160・200】

Roundishダイニングテーブル160・200です。丸みのある天板と幕板から木脚へと一体でつながったシンプルなテーブルです。 テーブルの穏やかな曲線とゆったりと座れるHIROSHISMAアームチェアの組み合わせは、美しく穏やかな空間を演出します。 空間や動線をご確認いただき、心地のよいサイズをお選びください。

ダイニングテーブル160と200の2サイズについては、HIROSHIMAアームチェアを片側に2脚並べてセットすることができますが、 アームの先端部が幕板に当たるので、テーブルの奥まで収めることはできません。奥まで収める場合は片側に1脚までとなります。

※幕板(まくいた):家具における幕板とは、天板下の脚と脚をつなぐ板のことを指します。

【Roundish ダイニングテーブル 240】

大きなRoundishダイニングテーブル240は、その天板形状から円卓の様に大人数でお使いいただくときも椅子の配置に困りません。

このサイズは、HIROSHIMAアームチェアを片側に2脚並べてセットすることができます。幕板のあるデザインですが、奥までしっかり収まります。

※幕板(まくいた):家具における幕板とは、天板下の脚と脚をつなぐ板のことを指します。

HIROSHIMA アームチェア × T&O テーブル

カラースチールと木部のコントラストがアクセントのT&Oテーブルです。スチールレッグの色は黒、緑、赤の3色よりお選びいただけます。HIROSHIMAアームチェア(張座)の場合、 座面のファブリックと合わせてお気に入りの配色をお楽しみください。

【T&O ラウンドテーブル 63】

T&Oラウンドテーブル63は1名で使用することを想定したサイズになります。直径625mmの天板に、 カラーアクセントのあるスチールレッグを組み合わせたテーブルは、カフェのような雰囲気の演出や、 在宅勤務用の簡易デスクにお勧めです。

このテーブルは、HIROSHIMAアームチェアを片側に1脚セットできます。スチールレッグの支柱に当たるまでしっかり収まります。

【T&O テーブル 70】

T&Oテーブル70では1名〜2名で使用することを想定したサイズになります。700mm × 650mmと少しだけ長方形にした天板に、 カラーアクセントのあるスチールレッグを組み合わせたテーブルは、カフェのような雰囲気の演出や、 在宅勤務用の簡易デスクにお勧めです。

このテーブルは、HIROSHIMAアームチェアを片側に1脚セットできます。スチールレッグの支柱に当たるまでしっかり収まります。

【T&O ラウンドテーブル 90】

T&Oラウンドテーブル90は2名〜3名で使用することを想定したサイズになります。直径900mmの天板に、 カラーアクセントのあるスチールレッグを組み合わせたラウンドテーブルで、 長方形のテーブルでは表現できないゆとりのあるインテリアを演出できます。

天板の素材は、無垢集成材と突板の2種類からお選びいただけます。HIROSHIMAアームチェアはテーブルを囲むように3脚セットすることがでます。 天板の奥まで椅子を収めようとすると、アームとアームが当たりますが、問題なくお使いいただけます。

※無垢と突板については こちらから

【T&O テーブル 180・200・240】

T&Oテーブル180・200・240は大きな長方形の天板に、2本のカラーアクセントのあるスチールレッグを組み合わせたテーブルです。 それぞれの脚を繋ぐ木部があることで、スチールレッグでも親しみやすさと木の温もりを感じる事ができます。テーブルの脚を気にすることなく、 椅子から出入りがしやすいことも2本脚のメリットです。遊び心のある空間を楽しみたい方にお選びいただきたいテーブルです。

テーブル180はHIROSHIMAアームチェアを片側に3脚並べて使うこともできますが、窮屈に感じるかもしれません。 テーブル200・240はHIROSHIMAアームチェアを片側に3脚並べてゆったりとご使用いただけます。 また椅子はスチールレッグの支柱に当たるまでしっかり収まります。 このテーブルは天板の素材が無垢集成材と突板の2種類からお選びいただけます。

※無垢と突板については こちらから

HIROSHIMA アームチェア × MALTA ウッドレッグ

MALTAウッドレッグは、素材の美しさと機能美を追及したテーブルです。日本語の丸太が語源ですが、その丸太のようにスッと垂直に伸びた木脚と、 木の個性を生かした無垢集成材の天板で構成されたシンプルなデザインで、静かな存在感が魅力のテーブルです。

MALTAウッドレッグは、HIROSHIMAアームチェアとの相性も良く、MALTAテーブルの人気はHIROSHIMAテーブルと双璧です。

MALTAウッドレッグのダイニングテーブル180から230には、天板下の中央部に幕板がありますが、 HIROSHIMAアームチェアを片側の脚間に2脚並べて、天板の奥まで収めることができます。テーブルを美しく見せることにこだわりながら、 椅子の収納にも配慮した設計です。

幅は1,800mmから2,400mmまで100mmごとに7サイズ、奥行は900mmと1,050mmの2サイズを設定しました。 テーブルとお部屋のバランスや動線と使い勝手を考慮しながら、豊富なサイズバリエーションよりお選びいただけます。

※幕板(まくいた):家具における幕板とは、天板下の脚と脚をつなぐ板のことを指します。

【MALTA ウッドレッグ 240】

MALTAウッドレッグのダイニングテーブル240です。

この幅2,400mmのテーブルには、天板下の中央部に幕板がありますが、 HIROSHIMAアームチェアを片側の脚間に3脚並べて、天板の奥まで収めることができます。 テーブルを美しく見せることにこだわりながら、椅子の収納にも配慮した設計です。

幅は1,800mmから2,400mm まで100mmごとに7サイズ、奥行は900mmと1,050mm の2サイズが設定されています。 テーブルとお部屋のバランスや動線と使い勝手を考慮しながら、豊富なサイズバリエーションよりお選びいただけます。

※幕板(まくいた):家具における幕板とは、天板下の脚と脚をつなぐ板のことを指します。

HIROSHIMA アームチェア × MALTA スチールレッグ

MALTAスチールレッグは、黒にマット塗装されたスチールレッグを採用しています。天板の木の素材を際立たせるのと同時に、テーブルサイズは最大で幅3,200mmまで対応できるようになりました。 大きなテーブルでゆったり過ごす時間を大切にしたい人にお勧めです。

【MALTAスチールレッグ180・200】

無垢材の大きなテーブルを実現させるために、スチールの脚を取り入れたMALTAスチールレッグです。 黒のマット塗装を施したスチールレッグとの組み合わせで、どのような床材とも相性が良くなりました。

MALTAスチールレッグは天板下の中央部にスチールフレームがありますが、 ダイニングテーブル180と200はHIROSHIMAアームチェアを片側の脚間に2脚並べて、 天板の奥まで収めることができます。テーブルを美しく見せることにこだわりながら、 椅子の収納にも配慮した設計です。

木の素材の良さ感じながら軽快な印象もあり、大きなテーブルでゆったり過ごす時間を大切にしたい人にお勧めです。

【MALTA スチールレッグ 220・240】

MALTAスチールレッグは天板下の中央部にスチールフレームがありますが、 アームチェアを天板の奥まで収めることができます。テーブルを美しく見せることにこだわりながら、 椅子の収納にも配慮した設計です。ダイニングテーブル220と240の場合は、 HIROSHIMAアームチェアを片側の脚間に3脚並べる事が可能です。

木の素材の良さ感じながら軽快な印象もあり、大きなテーブルでゆったり過ごす時間を大切にしたい人にお勧めです。

MALTAスチールレッグは幅1,800mmから3,200mmまで100mmごと、奥行き900mmから1,150mmまで50mmごとカスタムも可能です。 カスタムご希望の方はお問合せください。それぞれの用途やライフスタイルに合ったサイズをお選びいただけます。

コラムはメールマガジンでも配信しております。

メールマガジン登録はこちらから